肌にあったクレンジングと洗顔で毛穴汚れを除去

毛穴の詰りをそのままにしておくと、それが原因でニキビができてしまったりします。
予防するには日頃から毛穴をふさがないようにすることですが、その原因を知っておくことも大事。

ニキビができる原因は、思春期といった成長過程によるものやストレス・ホルモンバランスの変化・睡眠不足・食生活の乱れなどで皮脂が過剰分泌、紫外線や触りクセ、乾燥、メイク残りやターンオーバーの乱れなどから角質が厚くなってしまうなどして毛穴がふさがってしまうことから発生します。
そこにアクネ菌が繁殖してニキビができてしまうのです。

ニキビを作らない為にできる日頃のケアとしては、洗顔が欠かせません。
毛穴をふさがないようにメイクをしっかりと落とすことは必須
クレンジングにはオイルタイプやジェルタイプ、ミルクタイプ、ローションタイプとありますが、洗浄力が最も高いのはオイルで低いのはジェルです。
洗浄力だけにこだわらず、肌質に合わせて選ぶ必要があります。

オイルタイプはオイリー肌の人には向いていますが、皮脂を必要以上に落としてしまうので乾燥の元となりやすいといった特徴があるので、敏感肌や乾燥肌の人では余計にひどくしてしまう可能性があり向いていません。
ジェルタイプは比較的肌質を選ばないので誰でも使え、肌に刺激を与えずメイクにも馴染みやすく落ちやすいものとなっています。

ただ、クレンジングはあくまでもメイクなどによる油汚れを落とすものですから、毛穴の奥深く詰まっている角栓などは完全に落とすことはできません。
ゴシゴシとこすると摩擦により肌が傷ついてしまうので、力任せにやるのはNG。
クレンジングはあくまでもメイク落としとし、ニキビに特化した洗顔アイテムなどで優しく洗うようにします。

最近ではニキビに特化した石鹸が数多く販売されており、例えば泥を配合した石鹸などは、
細かい粒子が毛穴に入り込んで角栓を吸着して毛穴をすっきりきれいにすると言われています。また、クレンジングをする前に、蒸タオルを顔にのせると効果が倍増します。
暖かい蒸気で毛穴が開き、角栓が柔らかくなって汚れが落ちやすくなるのです。

毛穴のシートパックは使い方に注意が必要

一昔前にはやった、毛穴パック。
シールのようなパックを貼り、しばらくしたら取り外すと…シートにごっそりと角栓がくっついている!?
見た目にもわかるので気持ちがよく、クセになってしまう人も多いですが、角栓だけでなく必要な皮脂もはがしてしまい、肌を傷つけるといったリスクがあるので要注意。

頻繁に使いすぎて毛穴が広がってしまった…なんて人もいるのですから、使いすぎないようにすることが大事です。また、毛穴パックをした後は毛穴が開いたままの状態なので、しっかりと保湿・冷却して毛穴を引き締めるようにしなくてはいけません。

ページの先頭へ